TOP ごあいさつ講師プロフィールレッスン発表会・イベント

♪Q&Aコーナー

ヴァイオリンについて

Q1 ヴァイオリンって難しい楽器なの?
A. ヴァイオリンを演奏することは、歌を歌うことと似ています。
   ピアノや管楽器とは違い、
鍵盤やキーはないので音程は自分で作ります。
   音程をとるのはとっても大変なことのように思いますが、カラオケに行って歌を歌うとき、
   みなさんも自然に自分で音程をとっていますよね?

  歌が得意なら、ヴァイオリンも割とスムーズに取り掛かることができると思います。

Q2 きれいな音はでるようになる?
A. 音を出すこと自体はそんなに難しくありません。
   体験レッスンでは、大人の方が45分間でキラキラ星をなんとなーく演奏できるようになります。
   しかし、きれいな音・自分の思い描く音を出すためには、基本的な姿勢・弓の動きを始めの段階で
   しっかりと身につけることが大切です
   すぐに弾けますよ~と言いたい所ですが、、やっぱり地味な基礎練習は避けては通れません!
   つらいと思えばつらいし、楽しいと思えば楽しい♪


Q3 何歳から始めるのがベスト?
A. 小学校に上がる前から始めることが一番スムーズです。
   ヴァイオリンに限らずですが、楽器のテクニックや音楽性の習得には限りがありません。
   果てしないんです、本当に…。
   自分の思いどおりの音が出せるようになるには、毎日のコツコツを積み重ねていくほかに方法はありません。
   小さいころから始めた方が「積み重ねの時間が長い」という意味で最初のような回答をさせていただきました。
   とはいっても、私自身ヴァイオリンを手に取ったのは中学生の時です。それまでピアノを習っていて、抵抗なく
   受け入れられたのもそうですが、手に取った時のトキメキや誰にも負けたくないという気持ちは
   きっと中学生だったから、だと思います。
   そういった「気持ちの強さ」は、他の何にも代えがたいなと思います。


楽器について

Q1 楽器は購入するの?
A. 体験レッスンでは、楽器をお貸し致します。
   実際に教室に入会されてレッスンを受けていただく場合、自分の楽器を持っていただきます。
   予算に応じた楽器が必ずありますから、一緒に楽器を選びましょう。
   分数楽器から始まるお子様は、一番最初の楽器はレンタルではなく自分の楽器を持ちましょう。
   お子様の場合成長に応じて楽器のサイズが変わります。
   レンタルできる場合もありますのでご相談ください。



レッスンについて

Q1 どんなレッスンをするの?
A  ☆良い音を出すためのボウイングと、良い音程には妥協せずにレッスンします
   一人ひとりの目標に合わせた内容ではありますが、基本パターンは音階・
   エチュード(指や弓の練習を目的としたもの)・曲を取り入れてレッスンを行います。
   弾きたい曲があれば、レベルに合わせてどんどん挑戦しましょう。
   必要に応じてソルフェージュやアンサンブルも行います。

  

講師について

Q1 何歳ですか?
A. 25歳です。大学卒業を機に地元鹿沼に戻ってきました。
   講師歴は大学時代を含め5年目です。


Q2 厳しいですか?
A. 普段はやさしいです♪
   ですが、自宅でのおさらいを全くして来ない場合や、楽器を大切にしない行為・ルールが守れない場合は
   きつめに言うことがあります。
   
   

Q3  大切な一曲
A.  グリーグのヴァイオリンソナタ第2番
    卒業研究演奏で演奏した曲です。グリーグのヴァイオリンソナタは3番が有名ですが、
    実は2番もすごく素敵な曲…♡  皆さん一度聴いてみてください。


                                       
                                      〈2017.10.1更新〉


  
  ご覧いただきありがとうございました。
  そのほか、何かご質問等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。


体験レッスンお問い合わせ Q&A教室ブログアクセス

Copyright © 2014 IkedaViolinSchool All Rights Reserved.